銀座 美容外科 ネクサスクリニック 10:00-19:00(不定休)

>

美容外科

>

>

グラマラスライン(タレ目)形成 

グラマラスライン(タレ目)形成 

下眼瞼下制術(タレ目形成)は近年グラマラスラインと呼ばれています。
この手術ではつり目矯正や目尻側の白目の範囲を広げることができます。
優しい目の印象や目を大きく魅せる効果があります。
また、目尻切開を組み合わせることでより効果が上がります。

グラマラスライン(タレ目)形成とは

グラマラスライン(タレ目)形成とは、下まぶたの目尻側を下げることで目の見え方を大きく見せる施術方法です。
メスを使わずに糸を通して留める「タッキング法」と、「切開法」があります。

タッキング法(切らないタレ目形成)

埋没法と同じようにまぶたの裏(結膜)側から糸を通してタレ目形成を行います。
最もダウンタイムが少なく気軽に受けられます。

《 施術について 》

施術時間

30分

抜糸

なし

腫れ・内出血

ピークは2,3日程度

麻酔

局所麻酔。希望により静脈麻酔を使用(別途料金)

シャワー・入浴

シャワー:翌日  入浴:1週間避けてください

コンタクト

48時間は避けてください

リスク・副作用

出血、感染、左右差、後戻り

結膜切開法(下眼瞼下制術)

タッキング法より後戻りが少なく効果は半永久的です。また、下げられる範囲が広いのでより効果的に目を大きく魅せることが可能です。
皮膚は切除しないのでこちらもダウンタイムは短いです。

《 施術について 》

施術時間

40〜60分

抜糸

なし

腫れ・内出血

ピークは2,3日程度。強い腫れは1週間程度続く可能性があります。

麻酔

局所麻酔。希望により静脈麻酔を使用(別途料金)

シャワー・入浴

シャワー:翌日  入浴:1週間避けてください

コンタクト

48時間は避けてください

リスク・副作用

出血、感染、左右差

皮膚側切開法(下眼瞼下制術)

最もしっかり下げることができますが、切開部分を縫合するためややダウンタイムが長くなります。
1週間後に抜糸が必要となります。

《 施術について 》

施術時間

40〜60分

抜糸

あり(7日後に抜糸)

腫れ・内出血

ピークは2,3日程度。強い腫れは1週間程度続く可能性があります。

麻酔

局所麻酔。希望により静脈麻酔を使用(別途料金)

シャワー・入浴

シャワー:翌日  入浴:1週間避けてください

コンタクト

48時間は避けてください

リスク・副作用

出血、感染、左右差

オプション

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔はアメリカ食品医薬品局、通称FDAにて安全な医療品として認証された局所麻酔です。
痛みが最も出やすい、手術直後72時間(約3日間)の痛みを抑えることができます。
術後の痛みが不安な方、痛みを軽減したい方にお勧めしています。

ダウンタイム軽減オプション

①  一般的な電気メスより高い周波数のRFメスを使用します。内出血や組織の損傷を最少に抑えることが可能です。
②  傷口の縫合で使用する糸は通常の黒糸ではなく透明糸を使用することで抜糸まででも目立ちにくくなります。

※どちらも一週間目抜糸前の状態です。

※ダウンタイム軽減オプション使用あり(透明糸)

※ダウンタイム軽減オプション使用なし(黒糸)

RFメス

一般的な電気メスが400kHz(0.4MHz) 前後なのに対し、RFナイフは電波特性の強い4.0MHzという高い周波数を用いています。
周波数が高くなるほど、短時間で小さな出力で狭い範囲に熱を集中させ、皮膚の炭化を少なく抑えられるため、肌への負担が少なく微細な切開・凝固を行うことが可能です。