銀座 美容外科 ネクサスクリニック 10:00-19:00(不定休)

>

美容外科

>

>

眉下切開

眉下切開(Roof切除を含む) 

眉毛の下のラインに沿って余った皮膚を切除することで
目元をスッキリさせる方法です。

《 このような方におすすめします 》

10〜30代

●まぶたの腫れぼったさが気になる
●二重の幅を広げたい
●二重にはしたくないけど、目の大きさを大きく見せたい

40〜70代

●昔と比べると二重が狭くなり、三角目になってきた
●眉毛を上げていないと見づらい
●夕方にかけて目が重く感じる
●目尻の視野が狭く見づらい

眉下切開とは

眉下切開とは、眉の下の余剰な皮膚を除去し、眉の下のラインに沿ったぎりぎりの箇所を切開&縫合することで、 目元の自然な印象は変えることなく瞼のたるみを改善する治療方法です。 腫れや傷が目立ちにくく、ダウンタイムや副作用も少ない方法です。

施術方法

《 施術について 》

施術時間

45分

ダウンタイム

腫れ1週間程度。内出血がある場合1~2週間程で引きます。

抜糸

1週間目に行います

麻酔

局所麻酔。希望により静脈麻酔を使用(別途料金)

シャワー・入浴

シャワー:当日  入浴:1週間後 (コンタクトは翌日から可)

リスク・副作用

出血、感染、左右差、傷が生じる

オプション

エクスパレル麻酔

エクスパレル麻酔はアメリカ食品医薬品局、通称FDAにて安全な医療品として認証された局所麻酔です。
痛みが最も出やすい、手術直後72時間(約3日間)の痛みを抑えることができます。
術後の痛みが不安な方、痛みを軽減したい方にお勧めしています。

ダウンタイム軽減オプション

①  一般的な電気メスより高い周波数のRFメスを使用します。内出血や組織の損傷を最少に抑えることが可能です。
②  傷口の縫合で使用する糸は通常の黒糸ではなく透明糸を使用することで抜糸まででも目立ちにくくなります。

※どちらも一週間目抜糸前の状態です。

※ダウンタイム軽減オプション使用あり(透明糸)

※ダウンタイム軽減オプション使用なし(黒糸)

RFメス

一般的な電気メスが400kHz(0.4MHz) 前後なのに対し、RFナイフは電波特性の強い4.0MHzという高い周波数を用いています。
周波数が高くなるほど、短時間で小さな出力で狭い範囲に熱を集中させ、皮膚の炭化を少なく抑えられるため、肌への負担が少なく微細な切開・凝固を行うことが可能です。