銀座 美容外科 ネクサスクリニック 10:00-19:00(不定休)

>

美容皮膚科

>

>

ダーマペン4

ダーマペン4

ダーマペンは、微細な針で皮膚表面に穴を開けることで、肌が持つ自然治癒力により肌の再生を活発化する治療です。毛穴の開きや小ジワ、ニキビ跡などの幅広い肌トラブル・エイジングケアに効果が期待できます。シリーズ最新型のダーマペン4は、ダウンタイムも少なく、最小限のダメージで最大の効果治療が大幅に改善された新型機種です。 16本の極細針が120回転/秒というスピードで高速回転し、1秒間に約1920個の目に見えない微細な穴を開けていきます。そしてその傷が治る過程で様々な成長因子が放出され、コラーゲンやエラスチンが作り出されるため、根本的に肌自体を生まれ変わらせます。穴を開ける深度は部位や症状により0.1mm単位で細かく調整でき、またその穴に浸透させる有効成分をカスタマイズすることで、お一人お一人の肌状態に合わせたきめ細やかな治療がオーダーメイドが可能となります。                

お悩みに合わせて
針の深さを決められる

穴を開ける深度は部位や症状により
0.1mm単位で細かく調整できます。

お悩みに合わせて
有効成分を選択できる

ダーマペンで開けた穴に浸透させる有効成分を
カスタマイズすることで、お一人お一人の肌状態に合わせた
きめ細やかなオーダーメイドの治療が
可能となります。

ダウンタイムが
少ない

毛穴の開きや小ジワ、ニキビ跡などの
幅広い肌トラブル・エイジングケアに
効果が期待できると同時に
赤みや腫れといったダウンタイムが短いのが
人気の理由です。

このような方におすすめします

ニキビ跡の凹凸や
赤みが気になる

毛穴の開きが
気になる

シワ、たるみが
気になる

シワ、たるみが
気になる

しみ、くすみが
気になる

しみ、くすみが
気になる

お肌のキメや
ハリを取り戻したい

ダウンタイムが
取れない

肌質やお悩みにあわせて薬剤を選べる

ダーマペンを行うと皮膚に無数の小さな穴が開くため、施術後にどのような有効成分を浸透させていくかがダーマペン施術の肝となります。

レチノールピール

「レチノール誘導体」をナノカプセル化して配合したピーリング製剤をダーマペンを用いて浸透させる治療法です。
レチノール以外にも活性酸素から細胞を保護する亜鉛や、レチノールの働きをサポートするヒアルロン酸も配合されているため、相乗効果で新たなヒアルロン酸の生成を促します。コラーゲン増生が期待できることから、ハリ感のアップや小じわの改善、皮脂分泌を抑制する作用によるニキビの予防や改善、ターンオーバーを促進してバリア機能を正常化することによる透明感やツヤ感の実感、シミ・くすみの改善など、様々な効果が期待できます。

マッサージピール(ヴェルベットスキン)

「PRX-T33」という薬剤をダーマペンを用いて浸透させる治療法です。真皮層にまで浸透し線維芽細胞を刺激、コラーゲンの生成を促します。

赤みや皮むけなどのダウンタイムを最小限にしながら、通常のケミカルピーリングでは成し得ない、お肌の奥深くのハリ感を治療直後からもたらすことが可能となりました。肌のツヤハリや弾力の実感、小じわの改善、毛穴の縮小などにも効果が期待できるとされています。また、メラニン産生を抑制するコウジ酸も含まれているため、くすみ改善や美白作用も期待できます。

ミラノリピール

5種類の酸(TCA, AHA, BHA, PHA,クエン酸)のピーリング効果に加え、アミノ酸やビタミンが直接的に肌細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促します。肌のハリ、ツヤ、小じわ、ニキビ、ニキビ跡など肌質の改善をしたい方にお勧めです。

マッサージピールがTCA33%なのに対し、ミラノリピールは35%とやや高い濃度で配合されています。TCAの他にも5種類の酸が配合されているため、ピーリング効果も高いとされていますが、水酸化ナトリウムとアルギニンが配合されていることで、肌への刺激抑えられ、ダウンタイムや痛みがマッサージピールよりも少ないとされています。

高濃度PRP(ヴァンパイアフェイシャル)

自己の血液を遠心分離して取り出した高濃度PRP(多血小板血漿)をダーマペンを用いて浸透させる治療法です。

ダーマペンの創傷治癒効果に加え、PRPの持つ再生能力によりコラーゲンやエラスチンの増成が促され、シワやたるみ、ほうれい線、目の下のクマ、くぼみや毛穴の開き、ニキビ跡など様々な症状に効果を発揮します。

クレータタイプのニキビ跡など肌の凹凸を滑らかにする効果も期待できます。

《 施術について 》

施術内容

微細な針で肌に高密度に穴を開けて、コラーゲンを増やし、真皮に有効成分を浸透させる施術。

施術の流れ

カウンセリング→ 洗顔後麻酔クリーム(約20分)→ ダーマペン(約10-15分)

施術回数

3-4週間に1回 1クール5回

ダウンタイム

軽度の赤み、ヒリヒリ感が数日続く可能性があります。

メイク

24時間後から可能です。

シャワー・入浴

洗顔は24時間後から可能です。赤みが引くまで湯船に浸かるのは避けていただくことをおすすめします。

副作用(リスク)

疼痛・発赤・色素沈着・肝斑増悪・ざ瘡悪化を生じる可能性があります。

注意事項

アレルギー、皮膚疾患のある方、ケロイド体質の方、感染性疾患の方、出血性疾患の方、コントロール不良の糖尿病がある方、
妊娠中、授乳中の方、その他医師が治療不可と判断した患者様は治療を受けることが出来ません。